5/15、コロナ感染者数とバリ島の現状について

本日現在のバリ島の様子をお伝えいたします。
※バリ島内でも県や自治体によって状況はまちまちです。当サイトでは主に南部エリアの情報をお届けします。

5月14日発表のデータ

昨日発表されたコロナ感染者数は下記の通りです。

感染者数 死亡者数
インドネシア全体 16,006人 1043人
バリ島 337人 4人

デンパサールの交通規制

本日よりデンパサール内において交通規制が始まりました。
領事館より届いているお知らせは次の通りです。

1. 5月13日,デンパサール市長は新型コロナウイルス感染拡大を防止する措置として外国人を含む市民に対して自宅学習の励行,就労活動の制限,宗教及び社会文化活動の制限,公共の場における活動制限,交通手段の制限とコミュニティの動員を旨とする社会活動制限を要請しました。また,不要不急の外出は自粛し,緊急の用事で外出する際にはマスクを着用し,他者との距離を置き,清潔な生活行動に努め,決して群がらないことも要請しています。

2.デンパサール市長による要請の概要は以下の通りです。
(1)自宅学習の際には他者との十分な距離を置く。
(2)職場の長は従業員のシフト制を導入するか出勤する人数を管理しつつ,入場の際の体温の計測(38℃が上限),マスクの着用,手洗い,自主的な迅速抗体(Rapid)検査を励行しなければならない。
(3)宗教及び社会文化活動を行う際には現地の行政機関による許可を得た上で一緒に活動する人数の上限を20人とする。
(4)全ての飲食店は来客同士の距離を最短2メートルとし,店内は定期的に換気しなければならない。営業時間は21:00までとする。映画館,ディスコ,バー,カラオケ,マッサージ等の娯楽施設や観光地は一定期間閉鎖する。
(5)すべての交通手段は,物流,通勤,消防や法の執行等の公務等を除き制限される。
(6)これらの要請に違反した場合は,口頭/文書による注意喚起,営業停止/中止処分等を課す。
(7)これらを要請する期間は5月15日から6月15日とする。

3.交通規制及び監視措置として16ポイントに官憲が運営する検問所を設置し,マスクを着用していない運転手,明確な通行目的がない市民,乗車人数の多い四輪車,貨物車等を規制対象とした監視を行うとしています。監視時間は7:00~22:00。

検問所の場所等、さらに詳しい情報や最新情報は在デンパサール日本国総領事館のページにてご確認ください。

街の様子

今日から始まった検問の様子

通行者に対して、身分証明書や会社からの通行証明書などを確認しています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by INFORMASI DENPASAR dan BALI (@infodenpasar) on

マスク着用義務

バリ島では外出時にはマスクの着用が義務付けられています。警察または自警団に見つかると腕立て伏せの刑です。

パンタイクタ(5/7)

画面右側がクタビーチで、画面左手に見えている建物はプルマンホテルです。