グルプック

ロンボク南部にある小さな村

グルプックは漁業で生計を立てていた小さな小さな村でしたが、グルプックの波の惚れこんだ外国人サーファー達がホテルやレストランを作り始め、いつの頃からかサーフィンを主体とした村に変わりました。

アクセス

バリ島からロンボク島までは国内線で約30分。
2012年にロンボク島の空港がマタラムからプラヤに移り、また空港からのバイパスもできたことで、空港からグルプックまでは車で約40分ととても近くなっています。

グルプックのサーフポイント

グルプック湾の中には4つのサーフポイントが4つあり、年間を通してサーフィンができます。浜からポイントまでは、ジュクンと呼ばれる小型のボートで5分ちょっとです。
map_surfpoint_lombok

インサイド
レギュラーがメイン。グーフィーもできますが、アウトに戻るのがキツイです。メローな波で乗りやすく、ビギナーからOK。インサイドまで乗り継げばロングライドも可能です。インサイドは浅くなっていますが、海藻に覆われた石がほとんどなので心配はありません。

カメ
レギュラー&グーフィー。こちらもメローな波で、ビギナーからOK。

コドモポイント
サイズが小さめのポイントで、名前の通りローカルの子供たちが練習に使うポイントです。

アウトサイド
レギュラーのみ。ローカルサーファーはグーフィーにも乗ったりしていますが、すぐ横に岩がそびえているので危ないです。グルプックの中では1番サイズが大きくパワーもあるのですが、メローな波なので見た目よりは乗りやすいです。インサイドはかなり浅く、リーフもありますので注意が必要です。

Edo Surf Team

グルプック1のボスと呼ばれるレジェンドサーファー「エド氏」が率いるEdo Surf Teamがフルケアーいたします。エドは英語と片言の日本語になりますが、エドサーフチームには日本語が堪能なガイドもおりますので、ご希望の際はご予約時にお申し付けください。

サーフィンフォト

メメット
メメット

弊社ツアーにお申込みのお客様には、エドサーフチームに所属のサーフカメラマン「メメット」が撮影したサーフショットを、1グループごとに5枚まで無料プレゼント中です。グルプック滞在中にサーフショットをデータとしてお渡しいたします。
※有料にて追加ショットのご購入もできます。詳しくは対象のツアーページをご覧ください。