アマヌサの閉鎖と今後について

先週、インドネシア全アマンのリージョナルディレクターとバリ島アマヌサのゼネラルマネージャーを兼任するイアン様と、アマンのリージョナルセールスマネージャーの鈴木様が弊社へご来社してくださいました。イアン様は日本食がお好きで、トンカツランチを一緒に食べながらインドネシアのアマンについてお話をしていただきました。

アマヌサは来月末に閉鎖します

現在インドネシアには、
アマヌサ(バリ島ヌサドゥア)
アマンキラ(バリ島マンギス)
アマンダリ(バリ島ウブド)
アマンジウォ(ジャワ島ジョグジャカルタ)
アマンワナ(モヨ島)
の計5つのアマンがあります。

しかし残念ながら、当ブログ(2017年12月18日付け記事))でもでもお知らせした通り
来月2月末でアマヌサが閉鎖となってしまいます。

「1度アマヌサに泊まってみたかった!」「クローズしてしまう前にもう1回アマヌサへ行きたい!」というお客様、まだお日にちございます。最短で4日間からご旅行可能です。
特に2月中旬は中国の旧正月にあたり、バリ島~中国線は便数が減少しており中国からのお客様は非常に少ないとのことで、ゆっくり滞在するのはいい時期だそうです。

【アマヌサのツアーはこちら】

成田発着 http://tour.utrip.jp/slist.php?id=24868&dep=NRT
羽田発着 http://tour.utrip.jp/slist.php?id=24868&dep=HND
関空発着 http://tour.utrip.jp/slist.php?id=24868&dep=KIX
名古屋発着 http://tour.utrip.jp/slist.php?id=24868&dep=NGO

アマヌサヴィラ

アマヌサから車で5分程の場所に3ベッドルーム以上のアマヌサヴィラがあるのですが、嬉しいことにこちらは今後も利用可能です。アマンヴィラヌサドゥア(仮名)という形で引き続きアマンが運営していくとのことです。
アマヌサヴィラは3ベッドルーム以上のヴィラタイプのみですので、少人数ではなかなか利用しづらいのですが、今後は1ベッドルームとしても利用できるよう計画が進んでいるそうです。デザインはアマヌサ同様、サービス面もアマンスタイルを堪能できるとのことです。
日本からアマンワナ(モヨ島)へ行くには飛行機のスケジュール上、基本的にバリ島での1泊が必要となり、以前は弊社のお客様にはアマヌサをご案内しておりましたが、3月以降はアマンヴィラ・ヌサドゥア(仮名)へご案内させていただく予定です。

アグン山噴火に伴う対応

現在、アグン山の活動はとても落ち着いており、アマヌサ、アマンダリ、アマンキラ、アマンジウォ、アマンワナの5つ全てのアマンで通常通りお客様をお迎えしておりますが、もしもアマンご滞在中に噴火の影響でデンパサール国際空港が閉鎖になり出国ができなくなってしまった場合には、アマンの方で下記対応をしてくれます。

期間:2018年3月31日までの宿泊が対象
対応:最長2泊の延長ならびにフルボード(3食)をご用意

現在のところアグン山は小康状態を保っており噴火の兆候は見られませんが、もしもの時にこのような対応をしてくれるとわかってるととても心強いですよね!