空港、代替交通手段、ビザ延長について

在デンパサール領事館から届いたお知らせを転載します。

●アグン山の噴火に関し、空港の状況・陸路での代替交通手段・滞在期限の延長について、当館ホームページに掲載しました。

●本件記載内容につきましては、今後、同ホームページを随時更新してまいりますので、ご確認ください。
http://www.denpasar.id.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

1.デンパサール空港の閉鎖・再開
デンパサール空港の状況については、以下のリンクをご参照ください。
http://www.denpasar.id.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000235.html

2.デンパサール空港閉鎖に伴う陸路での代替交通手段
(2017.11.29時点)
下記のとおり陸路での代替交通手段が用意されているとのことです。バスの運行状況等詳細については空港バスに関する問い合わせデスク(0361-9351011(内線6300))にお問い合わせください。交通渋滞等道路事情により所要時間も変化することが予想され、また、安全性等の観点からも、代替交通手段の利用については慎重にご検討ください。
(1)Surabaya(スラバヤ)行:300,000Rp(通常、所要時間12時間以上)
(2)Jakarta(ジャカルタ)行:600,000Rp(通常、所要時間24時間以上)
(3)Padang Bai(パダンバイ)行:無料

3.滞在期限の延長について
当地入国管理事務所によると、アグン山の噴火の影響により滞在期限が満了してしまう場合は、特例措置として滞在期限の延長申請(14日間)を受け付けるとのことです。デンパサール国際空港(国際線ターミナル)に入国管理事務所の特設カウンターが設置されており、必要書類は以下のとおりです。
○パスポート
○旧航空券
○新航空券
○航空会社からのギャランティーレター

詳細については、当地入国管理事務所(0361-9351038)にお問い合わせください。