バグースジャティの新ルーム

ウブドから北へ約30分、亜熱帯雨林に囲まれたジャティ村にあるバグースジャティ(Bagus Jati)は、ウェルビーイング&ヒーリングのできる癒しのリゾートとして大人気です。そんなバグース・ジャティから、新カテゴリールームがオープンするという嬉しいニュースが入りました。

バグースジャティ

スーペリアシャレー誕生!

11月より新カテゴリールーム 「スーペリアシャレー」 が10室オープン!
※写真をクリックすると拡大できます。

新ルームの詳細

ルーム名 : スーペリアシャレー
景観 : 熱帯雨林の渓谷
建物仕様 : 2階建て、各階ごとに1室
建物数/部屋数 : 5棟10室
ベッドタイプ : 全室ツインベッドまたはキングサイズベッド
ベッドサイズ : キングサイズベッド2m×2m、ツインベッド1m×2mが2つ
エキストラベッド : 1m×2mのマットレスタイプのものを設置可(お子様用としてお勧め)

スーペリアシャレーは、従来のデラックススパヴィラやスーペリアヴィラよりも渓谷の下方に位置し、緑茂る熱帯雨林に囲まれる中、間近に流れるウブド発祥の地として知られ由緒あるグヌン・ルバ寺院へと続くウォス川上流のせせらぎが聞こえるロケーションに建てられました。建物のデザインは、ユニークな形の屋根を持つ伝統的な木造高床式バリの米蔵「ルンブン」からインスパイアされています。

スーペリアシャレーは1棟ずつ独立して建てられ、各棟は2階建て、それぞれの階にひとつずつ客室があります。各階へのアクセスはそれぞれ別のエントランスからになりますので、他のゲストと同じ棟に宿泊したとしても十分なプライベートを確保できます。また別途上下を繋ぐ外階段が設置され、ファミリーやグループで1棟2部屋を貸切ることも可能です。

ベッドルームは従来のスーペリアヴィラと同じ大きさおよびレイアウトで、3方を窓で囲まれる明るい造りとなっています。(ベッド上に天蓋はありません。)

ベッドルームから広いスライディング式ドアを隔ててテラスが続きます。川の音を聞きながら外の空気と一体化し、デイベッドでの心地よい空間で過ごすことができるでしょう。運が良ければ、森に棲む猿やリス、そして夜には蛍の明かりがテラスから楽しめるかもしれません。バスルームは、明るいライティングの中、シンプルで使い勝手のよいレインシャワーとハンディーシャワーが二つとも設置されたシャワーブースがあります。(バスタブはありません。)

ファシリティー&アメニティー

  • デイベッドとダイニングテーブルの設置されたテラス
  • バスルーム(シャワーブースとトイレ)、バスタブは無し
  • インターネットWi-Fi無料接続
  • 冷蔵庫、ミニバー、コーヒー&ティーセット、電気湯沸かしポット
  • セイフティーボックス、電話(外線はオペレーションを通じて)
  • ヘアドライヤー、バスローブ、室内用サンダル、懐中電灯、傘 、蚊取り線香と電気式蚊取り器
  • 日本の製品対応、マルチ電気プラグ(差し込み口)
  • シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、石鹸、シャワーキャップ、くし、綿棒、歯磨きセット、サニタリーバッグ

ツアー詳細&料金

成田発、羽田発、関空発のツアーを販売中です。スーペリアシャレー利用のツアーは近日中に販売開始予定ですが、もし早く料金を知りたいという方はお電話またはメールにてお問い合わせください。