2018年のインドネシア・バリ島の祝祭日

来年のインドネシアの祝祭日は次の通りです。

2018年のインドネシアのカレンダー

1月1日 元旦
2月16日 イムレック(中国暦新年)
3月17日 ニュピ(ヒンズー教暦新年)
3月30日 グッドフライデー(キリスト受難日)
4月14日 ムハマッド昇天祭
5月1日 メーデー
5月10日 キリスト昇天祭
5月29日 ワイサック・デー(仏教大祭)
6月1日 ハリ・ラヒル・パンチャシラ(憲法記念日)
6月13日~14日 政令指定休日
6月15日~16日 イドゥルフィトリ(断食明け大祭)
6月18日~19日 政令指定休日
8月17日 独立記念日
8月22日 イドル・アドハ(イスラム教犠牲祭)
9月11日 ヒジリア(イスラム暦新年)
11月20日 ムハマッド生誕祭
12月24日 政令指定休日
12月26日 クリスマス

宗教絡みの祝日が多いインドネシア

祝祭日は学校や役所、銀行などはお休みとなります。元旦、メーデー、憲法記念日、独立記念日の4つだけが全国民共通で、その他は宗教絡みのお休みとなります。自分が所属する宗教絡みの祝日だと、学校や会社はお休みでも地域での宗教行事があるのでインドネシア人は結構忙しいんです。

なんで毎年わざわざカレンダーを公開?

インドネシアの祝祭日は毎年日にちが変動します。なので、当サイトでも「○○年の祝祭日」というのを毎年公開しているんです。

移動祝日というものが登場した日本でも2000年以降は毎年日にちが変わる祝日ができましたが、日本の移動祝日は曜日に基づいて決定するため、本来の祝日の日にちを知っていればそこからカレンダー上の休みを計算することができます。また、その祝祭日が大幅に移動になることはありません。

それに対し、宗教上の暦や天文事象に基づいて決まるインドネシアの祝祭日はカレンダー無しではわかりづらく、また日にちが大幅に移動することも多くてとても複雑です。

バリ島関連の祝日

ヒンズー教の島であるバリ島に関わる祝日は「ニュピ(ヒンズー教暦新年)」です。この日は24時間外出禁止で電気やガスも使用禁止となります。これはヒンズー教徒だけに限らずバリ島にいる全ての人が対象となりますので、もちろん外国人観光客にも適用されます。3月中旬にバリ島旅行をご計画中の方はくれぐれもご注意ください。